into the blue

身の丈に合う

秋の天気は夢

最近めっっちゃ暗い話ばっかりここで書いてるなという自覚はある。ここにまた一山あるなと思う。

出来事が起こった直後のガン!と落ちるつらさではなく、ちゃんと乗り越えるためのつらさに突入してきたな、という感じ。この一山でまた気持ちが変わるんだろなぁと感じてる。

 

昨日は家族ともなんか流れで話した。家族としても、私がちゃんと気持ちに整理ついてんのかな?と気にしているらしく。まー、そりゃそうか。そりゃそうだ。でも私は周りにちゃんと言わないから、周りは分かんなくて余計心配かけてしまうね。

隠してるつもりはないけれど、「はい、吹っ切れました!」とか唐突に言うわけないしね。そんな急に吹っ切れるわけもないし。色々な対話をしていくしかないのだよなと思うし、気になるなら躊躇せず聞いてほしいよなとこちらとしては思う。現状、まだなかなか整理はついていないけど。

 

 

最近結婚の話を考え始めたきっかけとしては、友人と連絡を取ったことだ。まず一人、この人にだけ連絡取ってみるかと思える相手がいて、その子に連絡した。私からの連絡に気付いてなかったらしく1ヶ月後に返信が来たのだけど、晴れて連絡を取り合うことができた。

この友人とは、私がなんやかんやある直前くらいに会って、それからなんやかんやあった間は何にも話してないから、成り行きをまじで何も知らない。唐突に私が消えただけだ。怖すぎるね。

こないだとりあえずちょっとだけ通話して、今度改めて時間が取れる時に色々話すねということにした。そこで一から話すわけで、自然とどうやって話すのか自分の中でシミュレーションをするようになった。相手に伝えるために自分の中で整理しなくちゃいけなくなり、ただ今絶賛整理中、という状況になったわけだ。

 

実際、自分が経験した辛い出来事を人に話すのは、本当に大きいことなんだろうなと感じている。何にも知らないからこそ一から丁寧に(もちろん言えないことだってあるが)話すつもりだ。友人に伝えるということと、自分の気持ちの整理をつけるという意味で本当に本当に大事な一日になるのだろうな。ちょっと緊張すらしてる。でも、この山、乗り越えたいなー、乗り越えた先の景色を見たいよな。

 

そんな感じで過ごすので、割と不安定にもなるが、それはやむなしというところ。家族には心配をかけているが、外では元気でいられてるし、エンタメには助けられているし、問題は今のところなし。

色々整理がついたら、ここにも整理がついたよという話を書きたいなとは思っている。

 

 

 

📮往復書簡更新

 

前私が更新した内容への、あいおさんの返信がとても良いなぁと感じたのでシェアします。

 

往復書簡 — コラージュ

 

あいおさんは、投げかけるとちゃんと返してくださるので、本当に助かっているし嬉しく思っている。この内容についての言及は、また次の往復書簡にて返信を書く。またチェックくださいまし。

 

おやすみなさい。