into the blue

身の丈に合う

私が私のこと愛せなくちゃだめ

つばきファクトリーの新メンバー、河西 結心(ゆうみ)さん、かなり歌声が好みで久々に歌声だけでアイドルに惚れてしまった。この声をずっと聴かせていて……とか思う。つばきとかハロプロとか抜きに、この人の歌を追うぞというお気持ちに。河西ソロ曲早めに制作願います……。ハロプログループはなかなかソロ曲作らんとは思うが何卒。

 

 

最近自分のことをちゃんと信じられるようになってきたなという気がしていて嬉しい。自分で自分を信じられなくなるのは一瞬なのに、その信頼を回復するにはずいぶんと時間がかかるもんだね。しかも一撃回復なんてことはできないので、日々コツコツやるしかない。地道にここまで来たよ、とりあえず。

 

とか考えていたら、次に自分が好きになる相手は「安心して信じられる人」がいいなとふと思った。いわゆるスペックみたいなことはどうでもいいから、私自身が相手のことを安心して信じられる人がいいよ。信じたいのに信じられないのはもう嫌だよ。

 

そんなわけで独身先輩のこと、恋愛的にはもうどうでも良くなりました(私が勝手に思ってたことなので相手には良い迷惑すね)。いいなと思うところもたくさんある人だけれど、この人のこと信じるのはしんどいかもという気持ちがあるので。なんとなく良い感じに思っている先輩、というところに収まった。新入社員ちゃんがガチで先輩に憧れている様子を近くで見てて、なんかもうどうでもいいなと思ったのもあるんだけど(笑)なんやそれ、て話だが。仕事してると信頼できる人だと思うけど恋人として信じることが難しそうだという感覚から、恋みたいな気持ちは収まってしまったのだった。ちゃんちゃん。

 

前の相手は周りの環境含め信じたいのに信じられなかった、けど、「この人は私のことが好きなんだ」ということは最初から最後までずっと信じられた。最終的にはそこだけを拠り所にしていたといっても過言では無いくらい、かなり高い信頼があった。ここだけは本当に凄いな(凄いなってのも変だけど)って思ってた。別れる時に、この人私のこと好きだから可哀想なことしてしまうな……と思うくらいに。そんな時に相手のこと可哀想がってんじゃねんだよって感じだけど。

 

誰かが好きでいてくれるっていうのはすごくすごく支えになるよね。タダで私のこと好きになって!なんて厚かましい気持ちは捨てて、自分が進むべき道を精一杯堂々と進んでいくことしかないっすね。がんばります。

 

 

最後に裏話(なんの?)をすると、QKの中途採用募集が出てたので、イエー!応募しよ!と思って途中まで入力してたんだけど結果諦めました。

好きな人たちのいる企業だし飛びつきたい気持ちが強いんだけど、今の自分の状況で東京に行くのは難しいかなという結論になった。今まではやりたいことを、深く考えずに「とりまやろ!」精神で何でも飛び込んでたんだけど、ちょっと止まって冷静に考えられるようになった。ビビってるんじゃん?と言われればそれもあるかもだけれど、無謀に突っ込むのは悪い癖だったからね。そうだね。

そんな感じの近況報告でした。

 

f:id:mirumiru200:20211129001606j:image

ちょっとずつ外でも過ごせるようになってきた。カフェでケーキ食べてカフェラテ飲めることがこんなに貴重な幸せになるなんて不思議。

おやすみ。