into the blue

身の丈に合う

大智不智

麻雀を一戦やるかブログ書くかを天秤にかけて、今夜はブログを書くことにした。この頃、かなり麻雀をやっている。上達が目に見えるので楽しい。

 

最近は、以前合同ブログでやった対談企画(【対談書き起こし】ミルトンの部屋 Vol.1 〜泡盛と日記と出会い〜 - MOSIKASITE)の第二弾を出すべく録音の書き起こしに勤しんでいる。対談相手に「仕事になってきたな」と言われるくらいの勢いでやっている。

書き起こしは楽しい。楽しいが悩ましい。基本、対談の雰囲気をそのまま文章に起こしたいという気持ちが第一にある。ただ、そのまま書き起こすと大体長い。そして我々の想像以上に「なんか」とか「みたいな」とか「っていう」とか、余分な言葉が多い。話し言葉と書き言葉はやはり全然違うのだよな。

なので、雰囲気を壊さずそのまんま載せたい気持ちと、読みやすく分かりやすい文章構成にしたいという気持ちがぶつかり合う。両立するように頑張ってアレコレするのだが、どちらの気持ちも強すぎて自分の中でかなり葛藤がある。あるが、それらを上手いこと組めた時は幸福を感じる。乗り越えたらめちゃくちゃ楽しい、という部類の楽しさ。山を登るのは、そこに山があるからだよ。とはいえ私の場合は自分で山を作ってそれをヒーヒー言いながら越えているので自業自得なのだが。

 

めちゃくちゃ編集した文章を出しているっぽい言い方をしてしまったが、基本はそのままの言葉を書き起こして載せています。これはマジ。余分な話題をまるっと削ったり、言葉の前に付く「なんか」「みたいな」などをひたすら消すという作業をしている。

書き起こしは単純に楽しそう!と思って始めたけれど、かなり大変なんすよね。雑誌やWebで私の好きな人たちの対談記事を書いてくれる皆様、本当にありがとうという気持ちになる。感謝……。

 

峠は越えたので、残りがんばって書くぞー。楽しみにしておいて欲しい。全人類に。っていうか私が一番完成を楽しみにしているんだけど。

 

 

数日前の台風は稀に見る強さで、夜中に風の音が強くて全然寝られなかった。私は夜に寝られないことなんて本当に無いから貴重な経験だった。強すぎる風の音ってやめてほしいよね……。

その翌日はめちゃくちゃ爆睡出来てびっくりした。妨害がなく寝られることの有り難みを噛み締めた。

 

あと最近の気付きとして、バッティングをすると上半身全部が筋肉痛になるんだねっていう。

久しぶり(人生2度目)にバッティングセンターに行ってバッティングを3セットやったら、翌日に筋肉痛になってびびった。普段使わない筋肉だから当たり前なんだけど、腕だけじゃなくて上半身全て使っているんだなということに改めて衝撃を受けた。

ってか上手くなったからじゃね?てのもある。今回すごい当たった!クリーンヒット一本と、まあまあなのが三本くらいだった。打ち上げたり掠ったりだったらもっとあった。普通に上達していてウケる。そのうち普通に試合に出れるくらいになりそうだな。

 

何より、ストラックアウトがめっちゃ上手く出来たのでかなり嬉しかった。

私から「あれやろうよ」と声をかけてストラックアウトをやったのだが、終わってから同行人が「自信があったんだね」と言ってきてやな奴だな!と思った(多分本人に悪気は無い)。

だが、やろうよと言ったくせに相手からやらせて、しかも相手より上手かった自分も結構やな奴だな。草野球やってる異性の相手より、未経験の私が上手いなんて知らなかったからしょうがないけどね(ド嫌味)

f:id:mirumiru200:20220909003516j:image

 

全部★で埋まるようになりたいなぁ。単純にストレス解消に良さそうなので、たまには一人でも行こうかなって思った。

ではおやすみなさい。