into the blue

身の丈に合う

兼愛無私

なんか書かない間に色々あった気がするな。

こういう時に「気がする」とか言って他人事構文使っちゃうから駄目。でも自分ではそう書く方が書きやすいので結局そのままにする。

 

今日は友人と通話した。直接会って以来なのでおよそ2ヶ月ぶり……?つい最近会った気がしていたが気のせいだった。近況を伝え合ったけれど、そういえば2ヶ月の間にもっと色々あったなと今更思い出す。ここ数日の話をメインにしてしまった。日付感覚がおかしいから参ったね。

また来月も通話しようと約束をしたので、次はちゃんと話すための出来事を覚えていたい。誰に何を話したかの管理が出来ているという自認の割に実際出来ていないというのは、うすうす気付きつつあるからね……。最近のトホホ案件。

 

別に何か煮詰まっていたわけではないけれど、気の置けない友人と話すことでほぐれる心の部分というのはあるのだな。

友人に渡すプレゼントをずっと決めかねていたけれど、欲しいものを言ってもらって候補が絞れたのも良かった。スッキリ。来月になっちゃうけど、良きものを探して渡そうと思う。

来月とか言いながら今月もう2日間しかないのね。やっぱり日付感覚おかしいわ。固定休じゃない仕事してると仕方ないのかしらね。

 

 

ブログを書かなかった間の色々の中のひとつとして、別の友人Jと話したことを一応記録しておく。記録することで自分が恥ずかしい気がするけどまあいい。

通話していたら急に「つらかったことの話をしてほしいんだけど何かない?」という雑なフリをされたので、去年の出来事を話したら、最終的に「mmは光が当たる場所で幸せに生きていってほしい。この世の絶望は俺が全部引き受ける」と言っていた。言うねぇ〜〜と茶化したら、言い過ぎたと返された。言い過ぎたんかよ。冷静に聞くとプロポーズか?という台詞なんだけど、それを素面で言うのがこの人なのだよな。

 

「最後には全部乗り越えて笑ってる人の話し方してるから大丈夫」とも言われた。私のことをかなり買いかぶってる気がするが、まあいい。そうやって言ってくれることが有難いことに変わりはない。自分でもそりゃあ「最終的に大丈夫であってくれ」と祈っているから、それはそれは嬉しかったよ。

でも、「ちょっと前向きすぎる」とも言われたが笑

前向きすぎる、じゃねえんだよな。一年経ってようやくここまで来れたのよ。

ん?Juice=Juiceか?

信じていれば叶うって
君と青空に願って
ここまで来れたのよ(wow wow wow)

いや、この歌詞と重ねるのは言い過ぎだな……。私は別にそこまで立派ではない。

 

にしても。前向きになれていることは確かなので、改めて良かったなと思う。まぁまだまだこれからだし、色々と問題もあるけれど。ひとつずつ取り組んでいくわよ。なめんなよ。

 

 

最後に。今週のしいたけ占いの一文が刺さり過ぎたので共有させていただく……。

蠍座の評価って、ある場面においては分かれちゃうこともあります。ある人にとっては「すごく色々気づいてくれて、やってくれて、リーダーシップもあって。こんなにありがたい人に会ったことはない」という評価になります。でも、一方においては「あの人は何でも自分でやりたがる」みたいなことも言われてしまうこともあったかもしれません。

6月27日(月)~7月3日(日)の蠍座の運勢 | しいたけ占い | 占い | VOGUE GIRL

刺さり方がこわ。

 

ほんと、私のことはいいんですけど、周りの蠍座の人たちのことをもっと愛してあげて……!!という気持ちにめちゃくちゃなっている。合わなきゃそれでもいいんだけど、蠍座なりに精一杯やってることを対話して知って、知った上で批判したり評価したりしてよと。まぁ知るのも嫌ならしょうがないけれどもさぁ。

 

みたいなね。今月のあと2日が長く感じるけどがんばっていこう。

f:id:mirumiru200:20220629003459j:image

ブログ画像に設定しているものと同じ紫陽花が今年も綺麗に咲いていた。

記憶夏至

夏至だ。

夏至といえば……と毎年思い出すのは、岡田淳著・『こそあどの森の物語(2) まよなかの魔女の秘密』である。

この物語は夏至に起こる事件を描いている。子どもの頃に読むと少し怖かった記憶があるが、怖かったことも含めてこの話がとても好きなのだ。

私が夏至という言葉を初めて知ったのがこの本だと思う。夏至という概念がそもそも好きだ。毎年訪れるただの夏の一日ではあるが、この物語のように、なんだか不思議な魔力をもった一日であるように感じるからだ。この本から影響を受けているといって差し支えない。

とはいえ特別に夏至に何かをすることはない。これ以上昼の時間が伸びることはないのだなと安堵し、これから本格的な夏がやってくるのだなという気合い(?)を入れる日である。

今年の夏はどんな夏になるのか。怖いようなたのしみなような。

 

 

ここ数日はブログを書かなきゃという焦燥感とは無縁だった。

その間、自分の中でひとつ変化があった。

それはわざわざ他人に読めるようにしなくてもいい自分の内部の変化ではあるが、だからこそ忘れないように残しておくかという気持ちで書いていく。

 

このブログ初期の頃に度々登場していた独身先輩の話を久しぶりにする。

独身先輩と私の共通点として、他人にとても気を遣うというのがある。他人含めその場を成立させるためにどうするか頭を回しているタイプ。アプローチは違うが。そして他人への壁があるタイプ。気を遣って振る舞うので一見そう見えないが、その振る舞いとはまた別に自分の中に心の壁という物差しを持っているタイプ。全部私の主観的な観測だが。

まあ、そういうわけで互いに気を遣うので、互いに踏み込めない感じがしていた。職場の人間として上部の会話はしていたけれど。

そんな二人だったが、ある日ふとその壁が薄くなった気がしたのだ。職場の有志のバレーボールに参加した日のことだった。別に二人きりで何かしたわけではなく、バレーしかしていないのだが、突然壁が薄くなったのを感じた。しかも、片方だけではなくお互いにだ。お互いの壁が同時に薄くなった。そんなことあるんだなと思った。壁の薄さは連動するのかと。

 

何度も書くがこれは主観なので、相手がどう思っているかの根拠は何も無い。無いが、おそらくこれは確実だろうと私の中から声がしている。

 

 

……と、独身先輩と二人のこととして書いたが、その日を境に他の人たちからも、普段は名字にさん付けで呼ばれていたのにあだ名で呼ばれたり、話がめちゃくちゃ弾んだりということがあり、ああ、単に私の壁が薄くなったというだけの問題か、とも思う。ただただ私の問題だったのかと。

 

壁があるというのは別に悪いことではなく、何かあった時に自己保身が出来るし、他人と程よい距離感を保つこともできる。だからどんな相手にもそれぞれに合わせた壁のようなものは持っている。大小様々に。

だが今回薄くなっていく感覚を得て、それが不快ではないのだ。不思議な感覚だ。身軽になって嬉しいまである。

 

身軽さがテーマになっている最近の自分だけど、「自分の中の心の壁を無くす」という方法で身軽になるなんて考えていなかったよね。

 

もっともっと身軽になりたいと思う。余計なことを考えなくていいように。今自分が大事だと思うことにちゃんと集中できるように。

 

f:id:mirumiru200:20220621225421j:image

謎加工の抹茶。おいしいね。夏だね。

 

神機妙算

今朝は珍しく心身共に調子が優れず。「仕事休もうかな……」と一瞬思いつつも結局出勤したら、お子さんが陽性になったということで上司が朝のうちに早退していった。

ああ〜だから休みたかったんだわ……と思う。出勤してしまったのでもう遅いけど。一難去ってまた一難。もちろん誰も悪くないんだけれど、人手が足りないのはもう懲り懲りなんだが……。

朝のうちは対応に追われ、机など色々消毒し、やる気を無くして「早く帰りたいですね」と嘆くなど。

 

とにかくきちんと対策しながら、自分はかからないぞの気持ちを強く持つことにする。病は気からだと言い聞かせつつ。帰ったらすぐにお風呂入って、色々消毒しよう……。

 

 

一昨日のこと。

昼休みに、支払いがあったのでコンビニに行く。何の支払いかというと、漫画『ミステリと言う勿れ』の新刊が出るのだ!!!わー!!!10日発売で、9日に支払いしたので発売日には届かないわなと思いつつも、まあそれはそれ。

ついでにマックシェイクのカルピス味が出たという話を聞き、マックにも寄る。普段は休憩室でお弁当食べたらそのままだらりと過ごしているけれど、たまに普段と違うことをすると新鮮で良い。ルーティンを崩す日も大事。

マックシェイクは職場の人が言っていた通り、カルピスの味が薄く、期待値が100だとしたら評価が50くらいだった。いかにも美味しそうすぎて期待値が高すぎた。こういうものとして飲めば美味しいのだけれども。

 

ということで明日はこの日支払いした漫画が届く。楽しみー。楽しみだけど新刊読んじゃうとまた次が待ち遠しく感じて、読みたいけど読みたくない気持ちになっちゃう。せつねぇ。読む前から次が読みたいんだが。

 

f:id:mirumiru200:20220612001836j:image

最近3coinsの化粧品ライン、意外と使いやすい物が多くてたまにチェックしている。AFTER SUN LOTION(日焼け後に使う化粧水)があったので気になって買った。日焼けは嫌なのに日焼け止め塗るのが面倒で自業自得焼けしてしまうタイプなので、少なくとも焼いた後のケアは出来たらいいな〜という気持ちで。

まあそもそも焼くなという話だけど、全く焼かないのは無理な話なのでね。夏はこれで良い感じに乗り切りたい。

 

背後のサングラスは百均にて。レンズが黒じゃなければイカつかなくていいんじゃないと思ったけれど本当か??薄いパープルは何故かチャラくなったので青にした。野球観戦の日に付ける。

不言不語

最近多分疲れているのだと思う。とにかくイライラしてしまう。特に仕事中はずっとイライラしている気がして、そんな自分が嫌になってきた。

きっかけは単純に仕事が忙しくなってきたことで、その上にクレームというか謂れのないことで私個人を責められるという案件がお客さんからも先輩からもあって、それでイライラが募っているのだ。謂れがないというと言い過ぎで、わたしにも非があったし改善できることもあったので改善したのだが、いや、それでもムカつくな。「ムカつく」とかいつぶりに言ったんだ……。この会社に入ってから穏やかなだけが取り柄みたいなキャラでやってきたつもりが全然そんなこと無いらしい。えーん。

 

イライラするのは、良く言えば感情が動き出したのかなとも取れるが、それは良く言い過ぎかもしれないね。まあ、去年感情が終わっていた時から考えたらかなりの回復&成長だが。

 

 

占いの動画を改めて見る。いま気付いたけれど、私は【太陽星座・蠍座】【月星座・乙女座】【火星星座・乙女座】で、“悩みや不安や気になることを他人に言わない星”の3コンボ大当たり🎯じゃん……。

人に言わないで、自分の中で溜めて結局爆発するのが確定な星の元に生まれてて笑える(笑い事ではない)。

 

言わない星に生まれているのだから言わないのがデフォではあるが、もうちょっとうまーくやっていきたいなとはいつも思ってんだがね。最近特に思う。

言えないのではなく言わない理由は、私なりに言わないことに美学があるからなんだよね。言い方間違えると人を傷つけることになるし、言わないで済むなら言わない方が平和じゃんと思ったりもするし、でも結局爆発するということは言わないだけで気にはなってるってことなんすよな。だからマイルドにしつつ小出しにしつつ言っていくほうが自分の心の健康的にも良い気がする。

ていうかそもそも毒舌と周りからよく言われるので別に普段から言いたいこと言ってんじゃんと思われていそうだが、毒舌はただその場の会話を進めるための言葉であることが多い気がする。ツッコミ的な言葉というか。本当に言いたいことは別にある場合が多いと思うんだよな。多分そう。

 

最近はついに親からも「何考えてるか分かんない」とカジュアルに言われるし(一緒に住んでるのに、なんで?)、私が言わないことに関しては「どうせ言ったって相手が分かんないだろうと思って言わないんでしょ」と言われており、おい!めちゃくちゃだな!そうだよ!言って否定されたり自分の思うことがまっすぐに伝わらないなと思うならわざわざ言わねえよ!

と、思うなど。

 

でも今日自転車漕ぎながらふと思ったけれど、私がいっぱいいっぱいになっている時は過呼吸みたいなもんなのだなーと。過呼吸って息が吸えていないわけじゃなくて、吸えていないと思い込んでずっと吸おうとしてるから、本当は息を吐けてないだけっていう話があるが、私もそれだ。やんなきゃとか考えなきゃとか抱えなきゃとかそういう思いで勝手にいっぱいいっぱいになっているだけで、ここは手を離そうとか今日は無理だからまた明日考えようとか自分から物事を一時的に離すことをちゃんとやっていったらいいのだなと思った。

 

本当は昨日の夜すでにいっぱいいっぱいだったから、吐き出すためにブログ書かなきゃなって思っていたんだけど、夜遅かったし翌日仕事だしもう今日は書かない!明日仕事終わりにカフェ寄る!カフェで書く!と決めて寝たら、かなーーーーーーーり楽になった。

ああ、自分を苦しめていたのは自分なんだと思った。やんなきゃやんなきゃ!になった時は至急ではないことを「やらない」と決めて一旦手を離すことが大事だったんだ〜と。

やらないと決めて自分の中で整理していくの大事!

 

理解理解。

自分や自分を含む人間の思考や感情が理解出来ていくのはかなり心地よい。何にも考えずに勘で心理学が気になっていた時があったが、本当に向いているかもしれない、ね。まあ、勘ですが。

 

 

自分のブログを俯瞰で見たら、四字熟語のタイトル+花の写真で、いま結構怪しくない?めちゃくちゃ面白い。怪しいのにちゃんと読んでくれる方、感謝です……🌹

解語之花

今日。

 

・言葉を尽くす努力って大事だなと感じた

・つまり言語化を諦めないということ

・自分の見た物や感じたことを言語化するのはとても難しいが、難しいからと放棄したらコミュニケーションが成立しない

・結局コミュニケーションが大事ということか?

 

・とはいえ根幹に言語がある

・言語について最近よく考えている

・自分が思うことと、それを言葉に出すこと(=相手に伝えること)の関係性みたいな話にとても興味がある

・口に出す言葉が今まで苦手だったが、最近上手くできるようになってきたからか興味が湧いてきた

・口でのコミュニケーション苦手だったんだよな

・つまり自分の感覚の言語化が苦手だったんだな

・自分の感覚や感情をきちんと自分で自覚するのって思っているよりとても大事なことなのだなと思う

 

・ここまでつらつら書いているのは、今日言語化を放棄した人と話したから

・話しながら、放棄すなとキレていた

・自分が分からないことを分からないと説明せずこちらのせいにした

・確かに私の対応も改善できるところがあった。します。

・それはそれとして気分は悪い

・コミュニケーションはきちんと取ろう

・大した説明もせず、全部分かるでしょと放り投げるのは大人の人間のすることではない

 

結論:私は言語化を諦めない努力をする

 

以上♡

 

f:id:mirumiru200:20220602002424j:image

かわいいお花を載せたら全てがチャラになるわけではない。

鼻元思案

書きたいけど書く体力あんまりないので箇条書き祭りをする。

何にせよ最近仕事が忙しくなってきた。夏や……。分かりやすく暑さに比例して忙しくなる仕事なので、分かっちゃいるけれど顕著すぎて笑えてくるのよ。少し前までは暇すぎてどうしようになってたから忙しいのは良いこと。有り難し。

 

  • 息子さんと会った

前書いた件(光芒一閃 - into the blue)の息子さんと会った。会ったが、特段感想はない。人と一回会ったくらいじゃ何も分からないよなという気持ちが今は強いので、この時点でどうこうはない。いいな〜とも合わないな〜とも思わなかった。鼻が高いな〜とは思った。

私側としては、態度は初対面としてちゃんとしてたと思うけど言いたいことは結構言ったなー。

前の相手にあなたはハッキリ言うよねって言われたことがあって、そうか?あなたの方がそうでは?とか思ってたけど私もそうなのかも。相手の話は相槌打ってちゃんと聞くけれど、それとは別として自分の言いたいことは言う、みたいなスタンスかもな。という発見をしたり、久しぶりに星乃珈琲店に行けて嬉しかったりという日。

 

 

  • 好きだと言う活力

最近ふくらさんばっかり見てて好きだと思ってるんだけど、何かを好きと言う活力が戻ってきたんだなと思う。少し前までは何かを熱を持って好きだと言えなかった。言えなくても生きられていたから別にいいんでしょうが、言えた方がそれなりに自分に活力が漲っている感があり、良い。

 

最近のグッときた動画を置いておく。

はじめのバスケ #3「伊沢vsふくらP バスケクイズ王決定戦」 - YouTube

立って動いてバスケするふくらさんは軽率に恋のやつ。

【検証】クイズ王なら回文の前半だけ見て後半分かる説 - YouTube

黙っている伊沢拓司の良さに気付いた回。黙っている伊沢さんめちゃくちゃ好きだわ。

 

 

  • 読解力

またクイズノックの話だけど、河村さんの能力の素晴らしさに最近改めて感激している。

結局何が凄いのかというと“読解力”だなと思った。俳句とか文学的なものの創作がめちゃくちゃ上手いんだけれど、作る能力も高いがその前にそもそも作品の読解力がずば抜けているんじゃないかと。正確に読み解けないと、それの真似すらもできないはず。私は河村さんの読解力の高さを推している。

 

 

茶店で初めてアイリッシュ・コーヒーを飲んだ。アイリッシュウイスキーをベースとするカクテルの一種らしい。へ〜。

ほんのり香るけど強すぎないウイスキーがめちゃくちゃ好み〜〜と思った。近所の喫茶店とかにもあるんかな……。今回は遠出した時に飲んだので。自分で作る気は起きないから、どこかお店で飲めたらいいな。寒い時期に良いらしい。本当にそう、寒い日に飲むのめちゃ良さそーー!

冬までに近場のいいお店を見つけておきたい。

 

f:id:mirumiru200:20220530235017j:image

 

なんかいつも、もっと書くことある気がするけど書けてない気がしている。いいのか?

とりあえず終わり。おやすみ。

 

蛇心仏口

前回の記事を読み直している時に、まとめて長々と書くよりは毎日サクッと書きなよ、と自分で自分につっこんでいたので素直にそうする。

とはいえこの記事、3日間くらい下書きに眠っていたが……。

 

今日は私にとって大きな発見があった。

『口頭の会話において、状況説明をするだけの言葉は悪い意味に取られることが多い』

これ。気付いたきっかけはA氏との会話なんだけれど、全てをそのまま書くのはプライバシーのためになんとなくやめておく。

 

状況説明の言葉の例を出すと、「髪切ったね」とか「顔に吹き出物出来てるね」とか「襟が折れてる」とか?うまい例があまり思いつかないが……。

こういうの、言われて嬉しい場合と嫌な気持ちになる場合と色々あると思う。

 

「髪切ったね」だとしたら、ポジティブに取れば「似合ってる」とか「さっぱりしていい感じ」などになるし、ネガティブに取れば「似合っていない」「髪切る前の方が良かった」などが思い当たるし、フラットめに取れば「昨日休みだったから美容院行ってたのか〜」とか、色々思い付くのよ。

その一言がどんな感情を伴って発されたのかが示されていないから、相手に受け取る幅が生じてしまう。なので、悪い意味で取られる確率が増える。

「髪切ったの、似合ってるね!(笑顔)」まで言ったら好意的な言葉なのだなぁと受け取れるが、それでも嫌味と取る人だっているしねぇ。

 

言葉を発するなら、相手の受け取る幅をなるべく狭めて、こちらが言いたいことや思っていることがそのまま伝わるように発したほうがいいな。と。

悪い意味で言っていないのに悪く取られるのが最悪なので。まあ人間同士だからそんなこと多々あるけれど、少しでも予防できるならしたいねって話。私も分かりづらヒューマンだから改善していく……。

 

 

あともう一つ気付いたのが、

『言葉はおもいを伝えるツールなんだから、発信側が何も伝えようとしていなくても受け手には何かが伝わってしまう』

特にA氏はただの反射で目の前の状況説明を口に出すので、これにかなり当てはまる。私は付き合いが長いので、A氏が何も考えずに言葉を発していることは分かっているからいいんですが、分かってるけども……という時がたまにある。

でもA氏だけじゃなく私だって、他の人だってそうだよなーみたいな。

 

ほんと何の気なしに言った一言も、相手は何か感じてしまうものなのよ。そんないつもかつも気を遣ってらんないよ!て思う節もあるけれど、何かを口に出すということはそこで聞いている相手に何かを伝えてしまうことになるから。

自戒を込めて気付きを書き残しておく。

 

他にも書きたいことむちゃくちゃある気がするが入りきらないのでまた次回。